おすすめの枝粉砕機ランキング

おすすめの枝粉砕機2種紹介

【粉砕機】おすすめの枝粉砕機2種紹介

 こちらに粉砕機の性能を比較していますが、どれを選んでいいのか分かりにくいですよね。
 ここでは粉砕機比較表から、当サイトのおすすめの粉砕機をランキング形式で紹介します。

 

インターファーム サイレントシュレッダー 剪定枝粉砕機 LSG-2100

 当サイトのおすすめ粉砕機はLSG-2100になります。Amazonでも楽天市場でも最もレビュー数が多い粉砕機となります。
 おすすめポイントといては、きちんとデシベル(騒音)が記されていること。他機種ではどの程度騒音が発生するのか不明瞭なことも多いですが、LSG-2100の騒音は66〜86dbと小さめ。86dbといえば地下鉄の車内〜騒々しい工場レベルと言われています。このレベルであれば、住宅密集地でなければ、ご家庭の庭でも使うことができそうです。口コミでも「騒音はかなり低い」と好評です。また、「乾燥させた木(枝)より生木の方が音が小さい」という口コミも見受けられます。
 もちろん、性能としても申し分なく、35mmの枝まで粉砕できますし、キャスター付きなので使わないときは物置に仕舞っておくこともできます。電源もエンジン式ではなく家庭用電源でOKなので、ご家庭や別荘で使用するにはぴったりですね。
 家庭用の粉砕機をお求めの方には、LSG-2100がおすすめです。

Amazonで購入する 楽天市場で購入する

 

リョービ(RYOBI) 電動ガーデンシュレッダー GS-2010

 どうせ使うんだったら有名なメーカーの粉砕機がいい、と考える方もいらっしゃると思います。そこでおすすめなのが電動工具で有名な「リョービ(RYOBI)」のガーデンシュレッダー(粉砕機)です。
 インターファームの粉砕機LG-2100と比較すると、粉砕できる枝の公称値が25mmとやや小さめになる、というデメリットがあります。
 リョービの粉砕機の特徴は、下部がボックス式になっていること。これにより、ゴミ袋や麻袋を用意しなくても、粉砕後の枝を確実にキャッチすることができます
 また、14kgと軽いこと(LSG-2100は20kgオーバー)と、本体にローラーが付いているので移動が楽、というメリットもあります。替刃も付いてくるので長く使うことができますし、リョービ製の刃ですから比較的手に入りやすいというメリットもあります。
 カッター式(ディスク式)ですが、引き込み力も強いので「ディスク式はめんどくさそう…」と感じている方にもおすすめです。

Amazonで購入する 楽天市場で購入する